株式会社 ニッコー

事業内容

一般測量

都市部から山間部まで地形条件の異なる様々な現場で、測量士等の有資格者が、最新鋭の機器を使用して、公共事業の円滑な実施や不動産などの正確な把握などのために作業をしています。

GNSS(衛星測位システム) Global Navigation Satelite System

GPS衛星に加え、ロシアのGLONASSやヨーロッパ連合のGalileo、日本の準天頂衛星も受信できる最新鋭の機器を使用し、精密な測量を行います。

航空写真測量

航空機から撮影した写真を用いて正確かつ広域な地形図を作成し、地理・地形情報を反映させます。近年、デジタル化によるマッピングが主流となりGISシステムとの融合により大いに利活用されています。

地籍調査

一筆毎の土地の所有者・地番・地目・境界を確認、測量し正確な地籍図を作成します。 土地界をめぐる紛争を未然に防止できるばかりではなく、土地取引の円滑化や土地資産の保全を図ることができます。

土木設計

公共の道路や河川、上下水道など私たちの暮らしに欠かせないライフラインの整備を防災・減災・景観・エコなどの観点から調査・計画します。

物件補償

道路拡張・公共施設の建設・区画整理に伴い、土地建物の移転等を余儀なく行う事態になったときに、その土地の財産(建物・工作物・立竹木等)の調査及び移転方法の検討、補償額の算定を行います。

遺跡調査

先人が残した生活の跡(土地に埋蔵されている文化財)を発掘調査し記録するため、遺構の大きさ・形・深さなどを測量し図や数値データとして管理するとともにドローンなどを使用して撮影します。

河川調査

治水・利水・環境といった各側面からの総合的な河川管理及び流域管理という視点も含め、必要な基礎的データを平常時や洪水時に総合的に観測しています。

UAV(無人飛行システム)Unmanned Aerial Vehicle

マルチコプター(ドローン)を使用して、上空から写真や動画の撮影を行います。 低空での撮影により細かなデーターの取得が可能で、災害時など人が入れない場所でも容易に撮影ができます。